ストレッチボードで脚痩せ効果を目指しましょう!

ストレッチボード、もしくはストレッチングボードというグッズをご存じでしょうか。健康器具の一種で、横から見ると不等号のような形をしていて、角度が開いている方につま先が向くように乗ることで、アキレス腱やふくらはぎの筋肉が自然にストレッチできるものです。

 

足首のむくみや、足の疲れの解消にも効果が期待できるのですが、使い続けることで腰や肩のコリにも効果が期待できることで人気のあるものです。

 

ストレッチボードは単なる健康グッズだから脚痩せの効果はないのでは?と考えられてしまいそうですが、脚痩せもできる優れもののようです。

 

ふくらはぎも足裏同様「第二の心臓」と呼ばれ、ふくらはぎを柔らかくしておくことで、脚のむくみや血行の改善、脚の形、冷え性などの解消にも効果が期待できるそうです。

 

◆ストレッチボードの使い方

 

せっかく効果が期待できるグッズを手に入れても、正しく使わなければ意味がありません。ストレッチボードも同じです。正しい使い方をご紹介します。

 

基本のストレッチボードの使い方
1.準備のため、まず床に立ち前屈をします。
2.1分くらいストレッチボードに真っすぐ立ちます。
3.息を吐きながら前屈し、30秒そのままキープします。
4.右手をのばし右ひざを軽く曲げ、左ひざをのばした状態で10秒キープします。
5.4と反対のストレッチをします。

 

床での前屈をした後ストレッチボードに立ったとき、おしりが出ないように気を付けましょう。ストレッチボードに乗ったまま、軽くひざを曲げ、左右に3回づつ回す運動を3セット行うと、足首とひざの血流を促し、足のむくみ予防にもなるそうです。

 

ストレッチボードは角度を変えることができます。体の硬さに合わせて無理のない角度から始めるようにしてください。また、ストレッチボードに乗った状態で前屈をするとき、決して勢いを付けて体を曲げず、ゆっくりと曲がるところまでにして、徐々に体を慣らすようにしてください。

 

◆おすすめのストレッチボード

 

いろいろなストレッチボードがありますが、樹脂製の商品が多い中「足首のびのび 木製ストレッチボード」は木製で安定性もありおすすめです。価格は\4,104です。

 

X脚やO脚の改善の効果も期待するなら「アサヒストレッチングボード XO」がおすすめ。こちらは、約\6,000になります。

 

ストレッチボードと足つぼが一緒になっている商品もあります。「イモタニビューティーシェイプ ストレッチャー HH-700」は、価格が\1,780で手頃ということもあり、何台か購入して家族用と自分用に分けて使っている人もいました。

 

◆まとめ

ストレッチは思い立ったときに行うのではなく、毎日の習慣にすることが一番大切です。お風呂上りの体が温まっているときに行い、ふくらはぎを柔軟にしてむくみの無いスッキリとした脚を目指しましょう。

 

スマートレッグの効果は口コミを見よう♪ついでに楽天で買えるか調査した